(仮称)新登米懐古館新築工事(機械設備)着工いたしました。

 2018年03月13日- 新着情報分類: 事業関連NEWS

登米市様発注の(仮称)新登米懐古館新築工事(機械設備)について、2月6日安全祈願祭が登米町寺池桜小路地内で開かれ工事関係者等が出席し、工事期間中の安全を祈願しました。
昭和36年に建設された登米懐古館は、登米伊達家ゆかりの品々や歴史的価値の高い文化財を展示収蔵する施設として地域の方々に親しまれてきましたが、施設の老朽化が著しいとのことで、今回(仮称)新登米懐古館して新しく施設を整備する事業です。
この度弊社では、新築に伴う機械設備工事(給排水衛生・空調換気・消火設備等)を登米市様より元請けで請負、施工させていただきます。工事期間中は、安全管理、品質管理の向上等に努めてまいります。

ー工事概要ー

工種:機械設備工事1式
用途:博物館
構造:鉄筋コンクリート造(1部鉄骨造・木造)2階建・延べ床面積 約800㎡
設計:隈研吾建築都市設計事務所