エコセンター 第一回見学会

 2009年05月09日- 新着情報分類: イベント情報, 研究開発NEWS

このたび当社研究施設【エコセンター】において、研修型の見学会を行いました。

-環境改善-農業-漁業への活用-

特許工法のアクア・シェルパワー工法を始めとして、カキ・ホタテ貝殻を利用した土壌改良への応用研究、雨水利用促進に繋がるクロスウェーブ工法について、実際に『見て触れて考えて』の見学会となりました。
当社の環境改善事業、また郷土の産業である漁業と農業の融合を目指した取り組みについて、大変多くの貴重で参考になるご意見・ご指摘を授かりました。
今後とも環境改善への情報発信基地としてエコセンターの取り組みが広く認知され、皆様方の環境への関心が一層の高まりますよう努力して参ります。
ご来場いただいた藤沢町農業者年金協議会の皆様、誠にありがとうございました。

◇見学会

このたびの見学会には岩手県藤沢町農業者年金協議会より、30名以上のご参加をいただきました。
雨模様が心配されましたが、天候にも恵まれ施設全体を見ていただくことができました。

◇クロスウェーブの応用

元来は地下貯水工法における滞水材であるクロスウェーブ。天地を反対にすることでプランターとし、家庭菜園・屋上緑化への活用を研究中です。
写真の菜園の土壌には破砕したホタテ貝殻を混合しており、ホタテ貝殻の作物の生育への影響も、併せて研究中です。

◇ホタテ貝殻の活用

田畑の土壌の酸性矯正には石灰が広く使われておりますが、ホタテ貝殻やカキ貝殻の肥料にも同様の働きがあるようです。
写真はナスの生育への影響を研究しているプランターです。

◇家庭菜園・屋上緑化

クロスウェーブはその特性上、重ね合わせることで非常に安定するため、床材としての利用を研究中です。
ビル屋上などの緑化へ利用すれば裏返すだけで1m2のプランターとなる床材として応用可能です。
見学会では『鉢と違い、倒れないのは良い』とのご意見を頂きました。

◇ホタテブロック・エコポスト

写真中央に見える白いブロックにはホタテ貝殻が練りこまれており、屋上緑化への利用・産業廃棄物の再利用に繋がります。
手前のブルーの管は廃材を利用した【EcoPost】です。
ホタテ貝殻のリサイクルのモデルとして設置しており、回収した貝殻は付着した有機物を処理、再利用しております。

◇ホタテ貝殻混合・砂場

ホタテ貝殻の抗菌・浄化作用に着目し、砂場に混合することで子供たちの最適な遊び場となります。
この活用方法は実際に都内幼稚園で利用されており、雑菌の繁殖を抑えた安全性が高く評価されております。
見学会では『混合してある貝殻の形状は手を傷つけたりしない上、抗菌作用で安全性が高い』とのご感想をいただきました。

◇地下貯水工法

クロスウェーブを積み上げた地下貯水工法のモデルです。
クロスウェーブは非常に軽く扱いやすい上、強度も高いことを実際に触っていただき体験していただきました。

◇ホタテ貝殻利用製品

ホタテ貝殻ミクロパウダーを加工したクッション製品や数々のホタテ貝殻利用製品を実際に手にとってご覧いただきました。
ホタテ貝殻利用製品には、その抗菌作用を利用したものや脱臭効果を利用したものがあります。

◇休憩中

EcoCenterは研究施設兼休憩所を兼ねております。
通常は社員の休憩施設・憩いの場としても利用しております。
皆様方にとっても環境・郷土を考えていただく機会を設けて頂きまして、当社にとっても非常に有意義な見学会となりました。

ご来場頂きました藤沢町農業者年金協議会の皆様に、心より御礼申し上げます。

top

◇館内には他にも環境改善への取り組みを展示・公開しております。
◇皆様のご来館を心よりお待ち申し上げます。

営業案内

  • アクセス:  JR志津川駅から車で10分
  • 駐車スペース: 大型3台
  • 営業期間: 通年(定休日:毎週日曜日)
  • 営業時間: 9:00~17:00
  • 来館無料:  ご来館の前には担当者までご連絡くださいませ
  • 旭洋設備工業株式会社 エコセンター来館予約係
    TEL:0226-46-3412 FAX:0226-46-5319