仮設盛土(構台) 愛知県内 建築工事

建築工事 現場入り口部ピット内充填 仮足場

建築工事 現場入り口部 鉄板敷設後

建築工事の仮設構台に採用されました

マンション工事のエントランス部ピットにプラロード設置(H=2.43m)で、車両・重機の走行を可能にしました。

本事例では、マンション建築現場の入り口箇所の開口部に構台として設置しました。

プラロード工法は設置・撤去が容易で、撤去後に土砂を残しませんので建築工事にも最適です。50m2/人・日のスピード施工、天候を選ばない再生ポリプロピレン、重機不要、接続部材不要等のメリットで施工管理を容易にし、手配・段取りの手間・コストが軽減されます。

データ

場所 : 愛知県

時期 : 2011年3月

発注 : -

設計 : -

施工 : -

関連タグ(用途・工法・課題・地域) : 
, , , , , ,