仮設道路 秋田県内 1万m2

秋田県の水田の仮設道路に利用され、約3000m3の建設発生土を削減できました。

プラロード工法は、最小1m×1mで地形・敷地に合わせて柔軟な施工が可能ですが、規模の大きい施工も得意です。

運搬時は土砂換算110t相当を1台の10tダンプで運搬でき、重量も約6tで満載時に比べて燃料消費を抑えることができます。短工期・トラブル予防のメリットが特徴のプラロード工法ですが、搬入時・敷設時の重機作業・撤去時の燃料消費など、環境負荷が低いことも大きなメリットです。

データ

場所 : 秋田県

時期 : 2008年11月

発注 : -

設計 : -

施工 : -

関連タグ(用途・工法・課題・地域) : 
, , , , , ,