仮設道路 福岡県内 300m2 国交省 国道工事

国交省福岡県内仮設道路 プラロード工法|VE提案、工事成績加点|補償、軟弱地盤、軽量盛土

福岡県内の国道工事(国土交通省発注)で、水田での仮設道路に用いられました

仮設道路におけるプラロード工法部分の工期

300m2を1日で敷設完了しました。 ※敷鉄板を除く。

仮設道路採用のポイント

農地補償の問題解決、人力施工で騒音・CO2低減、環境に無害でリサイクル可能な再生ポリプロピレン材料、軟弱地盤対策、土砂の飛散・粉塵対策等

本工事によって、NETIS登録後の国土交通省工事実績は2件となりました。(2011年1/28現在 登録名称【プラロード式簡易仮設道路工法】)

プラロード工法の詳細はこちらからご覧ください。

データ

場所 : 福岡県

時期 : 2011年1月

発注 : 国土交通省

設計 : -

施工 : -

関連タグ(用途・工法・課題・地域) : 
, , , , , ,