仮設道路 石川県内 送電線工事

仮設道路 石川県内 送電線工事 プラロード工法

石川県内の送電線工事でセキスイ プラロードを採用いただきました。

雨天時のトラフィカビリティの確保、現場イメージアップ、CO2削減等を目的として、軽量・コンパクトなプラロードを採用いただきました。

国土交通省NETIS登録技術であるプラロード工法は、送電線工事以外にも、下記の用途、工事、課題でご利用いただけます。

主な用途

仮設道路、仮設盛土・埋戻材、透水性軽量盛土材、現場仮設事務所・トイレ基礎・入り口ステップ、資材置き場

採用工事種別

送電線工事、鉄塔工事、道路工事、砂防工事、河川工事、港湾工事、農業土木工事、建築工事

採用発注機関

国土交通省、都道府県、市町村、公益法人、土地改良区、電力会社、ホテル関連企業

解決した工事課題

軟弱地盤、地盤沈下、農地現状復帰、運搬・重機作業のCO2削減、土砂の飛散・粉塵、近隣住宅への騒音対策、工事中の排水、水路上の仮設、透水性軽量盛土、イメージアップ、発生土リデュース・リサイクル

工程に効率的な進入路の配置、車両の往来・待機場所の確保、環境保護地域への進入、悪天候時の資材養生・嵩上げ、建築基礎打設後の重機走行道路確保、地下開口部の一時埋め戻し

評価が高かった効果

工期短縮、CO2削減、トータルコスト削減、補償トラブル予防、作業手配・手待ち・手間削減、工事成績・総合評価方式加点、重機作業減少による事故確率の減少

データ

場所 : 石川県

時期 : 2010年6月

発注 : -

設計 : -

施工 : -

関連タグ(用途・工法・課題・地域) : 
, , , , , ,